2016.05.18 Wednesday 21:54

カメその後

前回と今回とでカメランプのガラスを切り終える。

最初は白っぽいの、透明の、もっと青っぽい緑のガラスも使っていたのだけれど、先生が貸してくださったライトボックスにカットしたものをのせ、下から光を当ててみたらけっこうイメージが違うのだった。

濃いグリーンのを2種類買い足し、合わないな、と思うものは切り直す。
アンバーが思ったよりしっくりきたので、ベージュ、ブラウン系も少し入れて、様々なグリーン×ブラウンに。
途中、もうちょっと色を足したいと思ったりもしたけれど、ぐっとこらえて、そのとき手元にあったものだけで凌いだ。

こういう足し引きにまだ自信がない。
難しいな。
形になって、光を入れたときにしかわからない。

2016.04.26 Tuesday 21:56

今日からカメ

妹に頼まれたカメランプに着手。
今日はひたすら型紙をチョキチョキ。
 

妹からは大まかな色のイメージだけ聞いています。
まずは、今まで作ったものの端材で使えそうなものを出してみて、

次に色味、テクスチャーの違うガラスを選んで購入。
分厚いのも混ざってます。切れるかしらん。
 

次回からカットです。
待っててね、山田先生♪

2016.04.15 Friday 16:22

完成

7インチのPerwinkleが完成。
これは祖母に送るもの。手元にあるうちに記録をば。








 
葉のガラスは二種類。
緑のと、透明に緑とピンクのガラスチップがたくさん入ったものと。

下をぐるりと一周しているピンクのガラスは1枚から取った。
透明にガラスチップの入ったところ、白に見えるところ、濃いピンクのところ、淡いピンクのところ、マーブルのところ、いろいろな表情がおもしろいと思って選んだものの、使いたいところに限ってカット失敗→砕く、と‥とほほ。

 

 

 

デザインとガラスも、祖母に贈る前提で選んだ。
お花モチーフとかピンクのガラスとか、こういうのは今後作ることはないかもなあ、なんて思いつつ‥
もうちょっとメリハリがつくように色を加えたかった気もするけれど、今回は優しい色合いににしたかった。


次はこんなのを作りますよ。

きらきら妹宅のセマルハコガメ、山田先生きらきら

2016.03.23 Wednesday 16:32

途中経過


 

2016.03.15 Tuesday 17:47

連れていく

長女が自宅学習日(別名ほぼ春休み)だった今日、ステンドグラスを作ってみたいと言うので、一緒に教室へ。
最初は、決められている中から作りたいものを選び、予めカットしてあるガラスから好きなものを選び、ハンダでつなぎ合わせる簡単なものを作る。長女はさっとフットランプを選んだ。フットランプ用のガラスは種類が限られていたのでこれもすぐに決まる。
隣で作業する長女に「わからないことがあってもお母さんには聞かないでね」と言い渡しておく。聞こえる範囲にいるほかの生徒さんに「えええ!?」と言われたけど、だって母ちゃんだってまだまだなんだよ。いい加減なことは教えられないよ。初心者には先生が手厚く教えてくれるのだから、それをきっちり見聞きするほうが余程いい。

というわけで、お互い黙々と手を動かす。要所要所で先生が回ってきてはアドバイスや手ほどきをくださる。わたしは聞き耳をたてるのみ。ガラスに全く関係のない会話は2,3あったけど(でも話しかけると長女は迷惑そうだったな)、口は一切出さなかったし手元も見なかった。家ではペラッペラしゃべってばかりだけど学校では大人しい(本人談)長女は、ステンドグラスの教室でも真顔のままうんと静かで、先生への返事も相づちがメイン。もっとちゃんと返事しなよ‥と思うこともあったけれど、まあ指示はちゃんと聞いていたようだし、没頭して作業していたようでもあるし、これについても口は出さないでおく。
作業時間2時間ほどで完成。点灯したところを見せてもらって、自分の作業も終えて帰路につく。
長女は教室のドアを出るなり「あー!たのしかったー!!」とニッコニコ。「またやりたい!」「これ、絶対○○(二女)もやりたいと思うよ!」「次はミラー!」ああ、よかった。あの仏頂面は緊張だったのかしらね。

家に着いてから完成したフットランプを改めて、今度は至近で見せてもらった。
えー、わたしの最初のよりハンダがずっときれいだと思います( ・⊝・ )
2つめのよりもきれいかもね(๑°⌓°๑)

 

親バカとか欲目じゃなくてですね‥母ちゃん、もうちょっとがんばろうと思ったよ(`・⊝・´)

下校してきた二女が「わっ、きれい!」。
「おねえちゃん2時間で作ったんだよ」と言ったら「これに2時間もかかるの?」と言われてしまった。
「いつか行こうよ、作ってみればわかるから」と言っておきましたが、まあキミも中学生になってからだね。

2016.03.11 Friday 22:02

細々と進行中

12月に着手したランプがようやく、なんとか形になってきた。
ピンク色はきらいじゃないけど今後自分が積極的に使うことはないかもな、なんて思いつつピンクのお花。
ハンダで点づけまでしてこの日は終わって、次回から本格的にハンダ。
先生の見込みではあと一ヶ月くらいかかるみたい。
 

 

2016.01.04 Monday 08:58

額装後


2015.12.09 Wednesday 07:51

ツルニチニチソウ

ワーデン社のティファニースタイルのランプを作り始めた。
型は小さな7インチのPerwinkle
「Perwinkle」って何の花?
調べてみたら「ツルニチニチソウ」とな。見たことない。

同封物は全て英語。
そして小さいパーツだけ、144!
これわたしに切れるのかエリザベス=3

前回選んであったガラスに型を写して切り始めたものの、
元々下手なところに小さなパーツ、そして真っ先に着手したのは難しいガラスだったみたい。
散々砕いたあとDocomo_kao20に、先生に「それは最後にしたら?」と言われて、後回しにすることに。

大きめに買っておいたから、失敗しても切り直しはできるものの、なんとももったいないんだった。

2015.11.26 Thursday 23:10

パネル

前回できあがったパネル。久しぶりの平面もの。

あっという間にでき上がったような気でいたけれど、振り返るとほぼ3ヶ月かかっている。
パーツが多かった割にカットは早かった。
でも、そのカットがガタガタで、そのあとに形を整えるほうにむしろ時間がかかってしまった。
反省点を挙げるとキリがないけれど完成するとほっとする。
これは次回、額装しておしまい。

ちなみにモチーフは某テキスタイルを参考に。
そのまんまだと切れない形がけっこうあったので(技術的にも形状的にも)、
先生にアドバイスをいただきながらかなり線を足した。

この次は、妹から頼まれた立体のランプに着手する予定だったのだけど、そのランプキット、入荷が年明けになる(というか、いつになるかわからない)っぽい。
急きょ、そのあとにと考えていたティファニーランプにとりかかることになり、その分のガラスを選んで帰ってきた。

今までは、先生にわからないことだけを質問していた。
今回、ガラスの選び方がよくわからないこと(今まで好きな色と質感というだけで選んでしまっていた)、好きなものの範囲が狭いからいつも単純な組み合わせかつ少ない色数で作りがちだったことを相談してみたところ、これまたいろいろアドバイスをいただいた。
この一度のやりとりで、自分のなんだかなあ、というところが払拭できたわけでもないけど、一歩、踏み出せたような気がした。(気のせいだったらどうしましょ・・・
ちょっとだけ向きを変えるのに一年以上かかってしまった。

仕事でも趣味でも何でもいい。とにかく外に出て、友達だけじゃなく他の人と関わって、多少さらされないと(世間に?)ガッチガチになりがちだな、と反省。
ガッチガチ、気ままで楽なんですけどね。
狭いところに凝り固まってしまったり、すぐ妥協するくせにプライドだけ高いところに行っちゃって、だめみたいだ。わたしの場合はね。

2015.08.25 Tuesday 22:44

そういえば、


手前、ひと月ほど前にできあがったふたつめのシーグラスライト。
奥にあるひとつめよりもずっと小さくて(この画像では同じくらいに見えるけれど)、多少作り慣れたことも手伝って、今回は完成が早かった。仕上がりも前回よりはきれいだった(灯りを消すとその差は顕著)。
すりガラス効果でやはり光がやわらか〜
先生のアドバイスで散らすように、少しだけ入れたクリアのナギットがきれい。

これは友人に贈った。
台座は使い回せるから、またいつかシェード部分だけを作って送りつけてしまおうか。

光を入れると化けるライト(ランプ)には惹かれるものの、家に照明器具ばかり増やすわけにもゆかず、まだ誰かに作るほどの腕でもなく(今回痛感いたしました)、次はおとなしくパネルを作ろうと思う。
もともとヘタクソなガラスカットからかれこれ半年遠ざかっていることもあり、カットの練習も兼ねて、基本に戻ってだね。

<<new | 1 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.